白砂青松を描く風光の地。北は山並み、南は海岸線。山の幸・海の幸に恵まれた豊穣の地。かつての山陽路に沿う播磨国と摂津国の一部を含む。摂津国は山陽道の播磨駅まで。ここから西の地は古く行く畿外である。「源氏物語」でよく知られる「須磨明石」という地名が特別のひびきをもつのはこのためだ。大阪湾に面した六甲山地にある神戸という地名は、平城天皇の御代より生田神社の「神戸(かんべ)」があったことに由来する。ここには由緒ある神社や各宗の寺院があり、背後の有馬とともに、多くの参詣者が訪れる。また、伊勢参宮、西国三十三ヵ所巡礼、四国八十八ヵ所遍路などの路標の地であり、巡拝者でにぎわってきた。なかでも、明石、赤穂は巡礼や遍路の行き交う瀬戸内海の要所である。
(写真:中山寺)

第66番
生田神社
神戸市中央区下山手通1-2-1

第67番
西宮神社
西宮市社家町1-17

第68番
廣田神社
西宮市大社町7-7

第69番
忉利天上寺
神戸市灘区摩耶山町2-12

第70番
湊川神社
神戸市中央区多聞通3-1-1

第71番
長田神社
神戸市長田区長田町3-1-1

第72番
須磨寺
神戸市須磨区須磨寺町4-6-8

第73番
海神社
神戸市垂水区宮本町5-1

第74番
廣峯神社
姫路市広嶺山52

第75番
圓教寺
姫路市書写2968

第76番
赤穂大石神社
赤穂市上仮屋旧城内

第77番
一乗寺
加西市坂本町821-17

第78番
播州清水寺
加東市平木1194

第79番
清荒神清澄寺
宝塚市米谷字清シ1

第80番
中山寺
宝塚市中山寺2-11-1